Musible

ドラム・ツーバス練習法、音楽活動、音楽で収入を得るためのWEBサイトの活用法を解説

カテゴリー:いろいろなパターン
自分の持つイメージとまったく違う使い方をするのが面白い

足だけで見たら私には結構なじみ深いパターンなんですが、曲を通して聞いた場合に雰囲気や感じ方が変わるのが面白くて、今回紹介するに至りました。

続きを読む

一見シンプルなツーバスパターンでも速いと難しさが跳ね上がる

シンプルなツーバスパターンをある程度速くなってもこなせる人というのは、本当の意味で土台がしっかりできている人といえます。シンプルだからこそ取りこぼしがない。もちろん、それには相応の努力が必要になります…

続きを読む

1発を抜くことの難しさがわかるパターン

普段、何気に踏んでいる連打でも、1発抜くと途端に難度が上がります。どこを抜くかでも微妙に上下するので、なかなか油断はできません。 今回のパターンはノリが良くて、できるようになれば気持ちいいリズムです…

続きを読む

急激な緩急を必要とするチェンジアップパターン

16分音符と倍の32分音符を使った急激な緩急を必要とするチェンジアップパターンです。倍の速さになるので使える範囲がかなり狭まってしまいますが、表現力を上げるという意味ではできないよりできる方が良いでし…

続きを読む

スネアを抜くだけで雰囲気を変えられる

最初はフレーズ自体が珍しいと思っていたんですが、改めて見直したら、よくあるパターンのスネアを抜いただけだったと気が付きました。スネアを抜いただけで雰囲気が結構変わったので面白いなと。こういうやり方もあ…

続きを読む

ツーバスだけでも他の楽器と一緒に演奏してもかっこいパターン

ドラム(ツーバス)だけでも他の楽器と一緒に演奏してもかっこいいパターンです。全員でキメを演奏するのはメタルでは良くやる手法の1つ。バンドの一体感を感じさせ、カッコ良く見せる(聞かせる)ことができます。…

続きを読む

1拍目で聞かせる6連パターン

6連符はその速さから、どうしても勢い任せで踏んでしまいます。6連符を難しくしているのは、その勢い任せのせいです。それをやめて、ちゃんとコントロールするようになれば、6連の苦手意識も薄れてくるはずです。…

続きを読む

流れるようなツーバスパターン

奇数音符から偶数音符へ変わる場合の連打で、足順の変化を余儀なくされるなかなかにシビアなパターンです。使い所が難しいのであまり耳にする機会は無いかもしれませんが、なかなかどうして、ふっと来られるとついビ…

続きを読む

1 2 3 4 5 6