Musible

ドラム・ツーバス練習法、音楽活動、音楽で収入を得るためのWEBサイトの活用法を解説

カテゴリー:いろいろなパターン
1拍目で聞かせる6連パターン

6連符はその速さから、どうしても勢い任せで踏んでしまいます。6連符を難しくしているのは、その勢い任せのせいです。それをやめて、ちゃんとコントロールするようになれば、6連の苦手意識も薄れてくるはずです。…

続きを読む

流れるようなツーバスパターン

奇数音符から偶数音符へ変わる場合の連打で、足順の変化を余儀なくされるなかなかにシビアなパターンです。使い所が難しいのであまり耳にする機会は無いかもしれませんが、なかなかどうして、ふっと来られるとついビ…

続きを読む

簡単そうに見えて意外と難しいパターン

譜面で見る限り、そして実際にフレーズを聞く限り、そこまで難しそうには思えませんが、実際にスタジオで練習してみたら意外にできませんでした。難しい原因を探ってみたんですが、なるほどいくつか挙げることができ…

続きを読む

足がつまりそうな中抜き3連のハネパターン

ツーバスリズム3連「リズム7」しかり、実は私にとってあまり好みではなかったのが、ハネ系のパターンです。ですが、今回のパターンを聞いて、その考えが少し改まりつつあります。曲に合っているからなのかはわかり…

続きを読む

少し変わった変化形パターン

いつもとはちょっと違うからこそ難しい。慣れたパターンやいつもの叩き方が染みついている場合は、特にちょっとした違いに四苦八苦してしまうものです。たとえそこまで難しくないパターンだったとしても。 慣れや…

続きを読む

6連を応用した難関パターン

ツーバスドラマーなら誰もがその難しさに頭を悩まされる、それが6連符です。『…

続きを読む

3つの『3』がポイントのパターン

今回は3つの『3』がポイントになるツーバスフレーズです。フレーズ自体も難しいですが、特に音符の使い分けがポイントになります。単体で使うことはあっても、今回みたく、合わせて使うというのはなかなかないかと…

続きを読む

16分ウラを主体としたパターン

16分のウラを主体としたパターンです。ツーバスを右から踏み始める人は左が、左から踏み始める人は右がメインになります。難度もかなり高く、逆足を鍛えておかないと到底できないのではないでしょうか。私自身、レ…

続きを読む

1 3 4 5 6 7