Musible

ドラム・ツーバス練習法、音楽活動、音楽で収入を得るためのWEBサイトの活用法を解説

カテゴリー:ドラムコラム
ドラムセットのネジがかたい時はスティックで挟んで回す

ライブハウスやスタジオなどでドラムをセッティングする時、ネジが凄くかたくて手で回せない場合があります。ビクともしなくて大変な思いをしたというのは、ドラマーなら1度は経験したことがあると思います。 そ…

続きを読む

ドラムのセンスを磨く方法

『ドラムのセンスを磨く方法は、いろいろな音楽を聞くこと』 といいますが、あながち間違ってはいません。しかし、音楽を聞くだけでセンスが磨かれるわけでは決してありません。それは単に知ったというだけです。…

続きを読む

ドラムの音にも長さがある

ドンッ!タンッ!ジャーン! これが何を意味するかあなたはわかりますか? はっきり言って私には分かりません(笑)。さすがにこれだけでは誰も解らないでしょう。これで分かる方が逆に凄いですよ。書いた私も…

続きを読む

ドラム初心者の人が特に気をつけなければならないこと

ドラム初心者やそうでない人も気をつけなければなりません。ドラムという楽器は生楽器です。ギターなどと違って、ある程度はプレーヤーが音量を決めなければなりません。ドラマーにとって音の大きさは非常に重要なん…

続きを読む

メリハリがないドラマーはスネアのリムショットを良い音で出せるようにしよう

イマイチと思うドラマーのほとんどの原因がスネアの音です。スネアを上手に叩くのはかなり難しく、1番テクニックが左右する部分でもあります。2、3発叩いたのを聴けばすぐに上手か下手かわかるぐらいです。もし、…

続きを読む

ドラムを練習する時の7つの約束事

1に練習!2に練習!3、4に練習!5にライブ!(笑) あなたは練習する際の約束事はありますか?「○○をする」「○○に気をつける」といったように、どんなことでもいいので1度頭の中で整理しましょう。参考…

続きを読む

曲の終わり方で迷った時はリットでしのぐ

曲の終わりでフェードアウト(徐々に聴こえなくなっていく)をしているのを聞いたことがあると思います。こういう曲をコピー又はオリジナルをライブで再現する時はその終わり方に迷うのではないかと思います。 曲…

続きを読む

上手いドラマーは重宝される

ドラムはギターなどと違い、場所・騒音・振動、どれもそう簡単に解決できるものではありません。確かにギターやベースもちゃんと練習したければそれなりの音量でやらないといけませんが、ヘッドホン1つでかなり解消…

続きを読む

1 2 3