Musible

ドラム・ツーバス練習法、音楽活動、音楽で収入を得るためのWEBサイトの活用法を解説

カテゴリー:ドラムコラム
ドラムを練習する時の7つの約束事

1に練習!2に練習!3、4に練習!5にライブ!(笑) あなたは練習する際の約束事はありますか?「○○をする」「○○に気をつける」といったように、どんなことでもいいので1度頭の中で整理しましょう。参考…

続きを読む

曲の終わり方で迷った時はリットでしのぐ

曲の終わりでフェードアウト(徐々に聴こえなくなっていく)をしているのを聞いたことがあると思います。こういう曲をコピー又はオリジナルをライブで再現する時はその終わり方に迷うのではないかと思います。 曲…

続きを読む

上手いドラマーは重宝される

ドラムはギターなどと違い、場所・騒音・振動、どれもそう簡単に解決できるものではありません。確かにギターやベースもちゃんと練習したければそれなりの音量でやらないといけませんが、ヘッドホン1つでかなり解消…

続きを読む

悩む前にまず練習

日々努力しているツーバスドラマーの皆様、お疲れ様です。スピード・持続力ともに磨きをかけていると思いますが、日頃の成果はいかがでしょうか? さて、そんな中、沢山の意見や感想、悩みといったメールをよくも…

続きを読む

ドラムは初めて叩くリズムでも、すんなりできてしまう時がある

ドラムはなかなか面白い楽器で、リズムやフレーズをいろいろ練習する中で、初めてチャレンジしたのにもかかわらず、すんなりできてしまう時があるんです。

続きを読む

ドラムをセッティングする際に気をつけていること

自分の叩きやすい位置にセッティングするというのは、慣れていないとなかなか難しいです。メーカーや種類によって違いがあったりするので、自分にとって理想のセッティングになるよう普段私が気を付けていることがあ…

続きを読む

体調管理も含めて上手いドラマーになろう

体を動かす以上、避けては通れない問題がケガです。幸い私はドラムにおいて大きなケガをしたことがありません。あるといえば、久しぶりの練習にもかかわらず、調子に乗ってハメをはずし過ぎて陥る手首のちょっとした…

続きを読む

曲は普段からテンポを少し変えて演奏することでメリットを得られる

バンドでオリジナル曲やコピー曲をする場合は、なるべく定められたテンポに従って叩くのがセオリーです。あからさまにテンポが変わると、曲のイメージも変わってしまう恐れがあるからです。 ですが、それはセオリ…

続きを読む

1 2 3 4