Musible

ドラム・ツーバス練習法、音楽活動、音楽で収入を得るためのWEBサイトの活用法を解説

本の自炊方法⑤ 「タブレット用に修正」

読み込んだ画像は高画質なので、そのままだと容量が大きくなります。タブレット自体の容量はそこまで多くないので、1冊の容量を抑えないとすぐに一杯になってしまいます。そのため、スキャンした高画質の画像を1つ1つ編集し、1冊の容量を少なくしていきます。

スポンサーリンク

本の自炊方法

  1. 用意するもの
  2. 本の裁断 ※重要
  3. 読み込み
  4. 確認と補正 ※重要
  5. タブレット用に修正

画像のサイズと画質

四六判サイズで文字主体の本を、スーパーファイン(カラー/グレー300dpi、白黒600dpi相当)でスキャンした場合、大体1400×2200ぐらいの画像サイズになります。ネクサス7で閲覧する場合はここまでの大きさは必要なく、半分の大きさでも十分見れます。ただ、それ以上小さくすると若干読み辛くなります。

個人的な保存ルール

サイズ800×1300前後
画質60(Photoshopを使用)
1ファイル約100~200KB
1冊40MB前後

※見やすい大きさ、白黒(カラー)、ページ数など、本によって数値は異なります

不要なデータを削除

白紙ページや内容の無い画像などを削除します。帯なども削除し、表・裏表紙といった必要最低限のものだけにして容量を抑えます。ページ数の並びを考えて、本文中に意図的に挿入されている白紙ページは削除しません。まあ、簡単に言えば、『ページが割り当てられていない画像で不要なものを削除する』ということです。

自分の目で見て判断する

サイズ、画質、容量などは、あくまで私の個人的な感想です。まあ、とはいうものの、私自身そこまで細かくルールを決めているわけではありません。画質など専門的なことはあまり詳しくないですし、面倒くさがりなのでこだわりはあまりありません。

わかりやすいよう数値化してはいますが、『読み込んた画像をPhotoshopで縮小し、画質を抑えて保存する』という単純な作業を繰り返すのみ。結果的に上記設定くらいがちょうど良いとなっただけです。

大事なのは自分自身の目で見て判断することです。
『これくらいなら大丈夫』と納得できるサイズと画質を選びましょう。

元画像は残しておく

スキャンした高画質の画像はちゃんと残しておきましょう。間違っても編集した画像で上書きしないよう注意します。でないと、何か不都合があった場合は取り返しが付かなくなりますから。

データのバックアップは忘れずに

手間をかけて自炊したはいいものの、ことデータに関して間違って削除しようものなら一瞬で消えてしまいます。なくなると困るような大事なデータは、しっかりバックアップを取っておきましょう。

私は元データもタブレット用に修正したデータも両方バックアップしています。いつ読みたくなるか分かりませんし、タブレット操作で間違って消してしまうかもしれません。また改めて元データから修正するのも手間ですし、1冊40~50MBなら100冊あろうが200冊あろうが、数十GBでまかなえます。

今日ではハードディスクも大容量なのに格安で手に入ります。多少の容量を惜しむことで、今までの努力が消えてしまっては目も当てられません。今更ですが、バックアップはしっかり取りましょう。

スポンサーリンク
カテゴリー
本の自炊方法④ 「確認と補正」
続ける最大のコツは自分が本当に好きなことを選択すること
コメントをする