Musible

ドラム・ツーバス練習法、音楽活動、音楽で収入を得るためのWEBサイトの活用法を解説

普通のとどう違うのか?お土産に買った神戸ミルクチョコラングドシャ

あるサービスエリアのお土産コーナーで、モンドセレクション銀賞受賞の神戸ミルクチョコラングドシャというのを発見。

値段は10枚入りで、630円。ラングドシャは個人的に好きで、よく友人と一緒に食べるお菓子でもある。スーパーなどで売っているのとどう違うのか気になったので、買って食べてみた。

スポンサーリンク


普通に売っているのは、サクッとした歯ごたえで、味はかなり甘めなのに対して、チョコラングドシャは、パリッとした歯ごたえで、少し硬めだが甘さは控えめで味は上品。ポロポロと菓子屑がこぼれないのが食べやすかった。

ただ、10枚しかないから2人で分けても1人5枚。しかし、友人が気に入ったので、1枚あげて私は4枚。私の舌は安上がりだから、値段が安くて甘い普通のやつでも十分満足。少し高くても、ビターな味とちょっと贅沢な気分を味わいたいならもってこいかな。

後、少し気になったのが、パッケージのフォント。1枚1枚個別包装しているのはありがたいんだけど、印刷されている文字がお化け屋敷などで使われてそうなホラーチックだったのが、ちょっと気になった。もう少し柔らかい感じの字体があったんではなかろうか?

スポンサーリンク
カテゴリー雑記
マクドナルドでコカ・コーラの瓶風コークグラスをもらいました
コメントをする