Musible

ドラム・ツーバス練習法、音楽活動、音楽で収入を得るためのWEBサイトの活用法を解説

ドラムの練習は毎日するのが大事

初心者の人にありがちなのは間を置いてしまうことです。せっかくやり始めても途切れ途切れになってしまってはなかなか上達しません。継続は力なりと言います。時間がなくて忙しくても、1時間あるいは数十分でもいいので毎日練習するよう心がけましょう。

スポンサーリンク

上手くなれない人のほとんどは

上手くなれない人のほとんどは練習量が足りないのが原因です。何事においても習得するには時間がかかります。時間をかければかけるだけ精度も上がっていきますし、長い時間をかけたからこそ、多少時間が経っても忘れることはありません。

逆に時間をかけなければすぐ忘れてしまいます。誰もが経験したことがある一夜漬けがいい例でしょう。テストで良い点取れればいいだけという、その場限りでは意味がありません。

いつでもできるからこそ意味があり価値になります。出来るようになるまではしっかり練習を重ねていきましょう。

あくまで参考ですが、【下積み時代のプロの練習量

地味な練習がメイン

ギターやベースといった大概の楽器は自分の楽器を持ちやすいのに比べて、ドラムは楽器を持つこと自体が非常に難しいです。半端な家具より大きく場所を取ります。置けたとしてもいざ叩くとなると、その爆音さが周辺へ大きな影響を与えてしまいます。周りを気にせず気軽に叩ける人は限られています。

では、そんな中でどうやって練習していくのかというと「本物の代わりになる練習用の道具を使って練習する」ことになります。特に家で練習をするときには必須と言えるでしょう。

トニースミス トレーニングドラムセットTony Smith DR-330
Tony Smith トレーニングドラムセット DR-330

練習台はその名の通り、本物と違ってまったく派手さはありません。ただただポコポコと叩くだけです。その「ただただポコポコ叩くだけ」をどこまで続けられるかが、今後上手くなっていけるかどうかの重要な分かれ道になります。

おおよそ上手な人というのは、すべからくこういった地味な練習にも負けずに乗り越えてきた人といえるでしょう。地味だからとはいえ、決してあきらめたりしないでください。

スポンサーリンク
カテゴリーゼロから始める
本物のドラムセットで練習する
ドラムスティックの選び方。初心者におすすめする基準は400mm×14mm、ヒッコリー丸型
コメントをする