Musible

ドラム・ツーバス練習法、音楽活動、音楽で収入を得るためのWEBサイトの活用法を解説

LAMY2000 4色ボールペン L401にパイロットの替え芯を試してみた

パイロットの、BRF-8F(0.7mmの黒と赤)とBRF-8EF(0.5mmの黒)を購入して、L401に試してみました。

スポンサーリンク

純正品と比べて、気になる点

ペン先の穴にフィットしない

ゼブラの替え芯と同じことが言えますが、それよりはまだマシな方かなと思います。

先に色が塗ってある

1つのノックを共有して切り替えるL401では、先に色が付いているかいないかで、使い勝手がすごく変わります。先にゼブラを試していたので、色は付いていないのが普通だと思っていました。パイロットの芯を袋から取り出してビックリ。ちゃんと先に色が付いていました。これならL401に装着しても全く問題ありません。

もちろん、パイロット以外であっても、色を塗ればいいだけなのでそこまで気にする必要はないかもしれませんが、それをする手間があるとないのとでは、大きく違いが出てきます。そういう意味では親切だと言えるでしょう。

純正品に、勝るとも劣らぬ芯

純正品に比べて書き始めがかすれないのが良いですね。まあ、普通のボールペンと同じと言えばそれまでなんですが、とにかく書き始めがよくかすれる純正品と比べると、その差は歴然と言えるでしょう。

太さを選べることもポイントですね。バリエーションも豊富で、色にもよりますが、黒なら0.5mm、0.7mm、0.1mmから選ぶことができ、0.5が好みの私には非常にありがたい限りです。パイロット侮りがたし、といったところです。

スポンサーリンク
カテゴリー文房具
LAMY2000 4色ボールペン L401にゼブラの替え芯を試してみた
替え芯の先にセロテープを貼って太さを補い、L401にフィットさせる
コメントをする