Musible

ドラム・ツーバス練習法、音楽活動、音楽で収入を得るためのWEBサイトの活用法を解説

LAMY2000 4色ボールペン L401にゼブラの替え芯を試してみた

ゼブラの4C-0.4芯の黒を1本と、4C-0.5芯の黒・赤・青・緑を各色1本づつ、を公式HPより注文しました。会員登録しなくても注文できたので、なかなか便利です。

スポンサーリンク

純正品と比べて、気になる点

ペン先の穴にフィットしない

最初に気になったのが、若干太さが違うということ。芯の先の太さが、ペン本体の穴にフィットしていないせいで、ほんの少しの隙間(遊び)が生じてしまい、カチカチと音が鳴ってしまいます。本体の穴と芯の太さの差が大きいと、その分ぐらついて書きにくくなります。書き味自体は決して悪くないのですが、安定しないので文字が汚くなります。

差し込み口が広がる恐れ

差し込み穴と芯の太さが若干違います。芯の方がほんの少し太いので、ゼブラに変えると穴が広がってしまう可能性があります。ゼブラの芯を長年使った場合に、その広がり具合を確認するために純正品に戻した時の手応えを検証したことがないので正確なことはわかりませんが、ゼブラの芯を入れる時は純正品に比べて硬くなるのは確かです。スカスカになるわけではありませんが、少し注意しておいた方が良いかもしれません。

色がわからない

ペン先に色が付いた純正品の芯はL401の専用品で、それならではのアイデアであり、本体の構造ありきの芯です。他メーカーの芯を代用した場合はさすがにわからなくなります。ゼブラに限らず、これはあくまで芯がどうというわけではないので直接ダメな点にはなりません。まあ、1本だけ交換とかなら、それが何色か知っていればいいだけなので問題ありませんが、全て替えるとなると何かしら工夫する必要がありますね。

結果的に

ゼブラの4色ボールペンを今までずっと使っていたのでおすすめしたいのは山々ですが、個人的にはL401には合わないという結論になりました。穴にフィットしないというのが、1番の理由ですね。

別段、神経質というわけではないんですが、書く度に気になるんですよ。これが気にならないという人であれば、ゼブラは十分おすすめできます。まあ、それなら市販されているゼブラの4色ボールペンを素直に使った方が無難と言えますかね。

スポンサーリンク
カテゴリー文房具
手帳のペンホルダーに入る4色ボールペン
LAMY2000 4色ボールペン L401にパイロットの替え芯を試してみた
コメントをする