Musible

ドラム・ツーバス練習法、音楽活動、音楽で収入を得るためのWEBサイトの活用法を解説

ツーバスでダブルを踏む時は音符の長さを意識する

ツーバスを使えば、速いテンポでも簡単にダブルを入れることができます。それが最大の利点ですが、踏む時は音符の長さを意識する必要があります。

スポンサーリンク

簡単に踏めるがために音同士が詰まりやすくなる

ツーバスでダブルを踏む時は、右左(場合によっては左右)と踏みます。片方だけで踏むわけではないので、その間を限りなく狭めることができます。同時に踏むことだってできるぐらいです。

つまり、速いテンポでも簡単にダブルが踏めるわけです。それが最大の利点ですが、場合によってはそれが致命傷にもなります。

2つ打ちを両足で踏む場合はしっかりと音符の長さ、タイミングに気を付けないとおかしなことになってしまいます。自分では16分音符の2発を踏んでいると思っていても、客観的に聞くと32分音符の2発やフラムみたいなタイミングになっている恐れがあります。

両足を使えば、ある程度速いテンポであっても32分の2つ打ちすら演奏可能になる。しかし、それが逆に仇となり、16分のつもりが気付かず32分になっているというわけです。

ワンバスよりも楽で速く踏めるからといって、無意識に使うとこういった事態を招くことになります。

ダブルの失敗談

実際私は経験済みで、テンポ145の曲を録音した時にそれが起こりました。自分では16分の2発を踏んでいたつもりが、後々聞くと32分の2発に聞こえたり、ひどい時はフラム状態でした。

幸いなのが、その録音というのがバンドの1発録音だったことです。1発録音とはスタジオなどでマイクを1、2本置いて、せーので録音することをいいます。手軽に録音できるので、デモテープや客観的な試聴材料にできるのが特徴です。

ちょっとした確認程度の録音だったのでことなきを得たのですが、これが本番だったらどうなっていたことか。私にとっては衝撃の出来事でした。

しかし、私にとって1番の悲劇はその後からでした。なんとその状態が自分のクセとして体に染み付いていたのです。この場合のクセというのは本当にしつこくて、直すのに半年をかけました(泣)

良くも悪くも早めに気付いてよかったと思っています。もし、気が付かず本番を迎えていたらと思うと、ゾッとします。

あなたがそうならないよう、ここで深く言っておきます。

スポンサーリンク
カテゴリーツーバスコラム
できていたのに突然できなくなった
テクニックは自分が「この人!」と思える人から吸収する方がいい
コメントをする