Musible

ドラム・ツーバス練習法、音楽活動、音楽で収入を得るためのWEBサイトの活用法を解説

タグ:エインシェント・バーズドッドドドドドド
ツーバスの壁ともいえるテンポ170でのパターン

今回のツーバスパターンはそれほど難しいことはしていませんが、問題となるのがその速さです。ツーバスの壁ともいえるテンポ170なので気合を入れて挑戦したいですね。

続きを読む

テンポ190ながらも疾走感があってノリも良いパターン

疾走感があって、軽やかに、ノリもいい。 そんな良い感じのこのパターンも、テンポが190ともなると足運びで相当苦労するようになります。

続きを読む

ツーバス リズム16分 「ドッドド」

『ドドドド』に次いでよく使われ、テンポ次第ではワンバスでも演奏可能な『ドッドド』です。あなたも1度は踏んだことがあると思いますが、ここでの練習はワンバスでは不可能なテンポで使うことを想定しています。 …

続きを読む

ツーバスドラマーへ送る私からの挑戦状「リズム16分総集編」

なんともまあ生意気なことを言っているなと思ったかもしれません。挑戦状というのはなかなかアグレッシヴでしたかね(笑)

続きを読む

オルタネートツーバストレーニング

ツーバスの足順は基準となる音符をオモテとウラに振り分けて考えます。演奏する音符に対して完全に交互というわけではなく、音符の並び方次第で若干やり方が変わってくるんです。 それを今回は演奏する音符に対し…

続きを読む

単純なパターンもスネアの位置次第で感じが変わる

一見、単純なパターンであってもスネアの位置で感じが違ってくることはよくあります。上半身の動きが加わればそれに影響されて足の動きや使い方も変わってくるから。そういう意味では今回は簡単そうに見えても意外に…

続きを読む

簡単そうに見えて意外と難しいパターン

譜面で見る限り、そして実際にフレーズを聞く限り、そこまで難しそうには思えませんが、実際にスタジオで練習してみたら意外にできませんでした。難しい原因を探ってみたんですが、なるほどいくつか挙げることができ…

続きを読む

曲には欠かせない常連ツーバスパターン

このパターンは1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。連打ほど頻度は高くないものの、他と比べると耳にする機会は多いと思います。練習という意味でも、実践という意味でも使えるパターンです。…

続きを読む