Musible

ドラム・ツーバス練習法、音楽活動、音楽で収入を得るためのWEBサイトの活用法を解説

おすすめペダルケースPBG45 / TAMA

丈夫長持ちバッチリ収納

私も愛用しているペダルケースがタマのPBG45で、ペダルを持ち運ぶのに大変便利です。市販で売られている普通のカバンでも大丈夫なんですが、それ専用のカバンを使う方がより便利です。ペダル以外にもチューニングキーや小物もいろいろと入れることができるようになっています。

スポンサーリンク

詳細

  • メーカー:TAMA (タマ)
  • 型番:PBG45
  • 種類:ペダルケース
  • 特徴1:ナイロン製セミハードタイプ
  • 特徴2:ツインペダル対応
  • 特徴3:しっかりした丈夫な作り
  • 特徴4:収納力が高い横ポケット

良い所

丈夫で長持ち

クッション

このケースの良い所は丈夫な点で、作りがしっかりしているので長期にわたって使用できます。中にはクッションが敷き詰められているので、しっかりペダルをガードしてくれます。このクッションは取り外しが可能で、外せば少し隙間ができるので物を入れても余裕ができます。

ペダル以外にもいろいろ入れることができる

横ポケット

私はいつもツインペダルを入れていますが、それでも少し余裕があります。横ポケットも付いて、深さは無いですが横幅が広いので小物もよく入ります。

私はツインペダル、スティックケース、靴、スプラッシュ、アタッチメント、ビーター、ガムテープ等の小物類、着替えを入れて持ち運びしています。さすがにスティックケースははみ出してしまいますが、それでも先だけ少しはみ出す程度なのであまり気にはなりません。

スティックケースもタマなら持ち運びが楽になります

注意

入れ忘れ注意

下から順に積み重ねていくので、何か入れ忘れたらいちいちやり直さないといけません。私は靴を入れ忘れることが良くあります。ドラムを叩く時は専用の靴に履き替えるのですが、片付けに気を取られてついつい履き替えるのを忘れてしまいます。「しまった、また入れ忘れた」と、ぼやくこともしばしば。こうなってしまうとまた1からやり直しなので若干面倒に思うことがあります。些細なこと…というか、どうせ私だけなんでしょうけど…(笑)

肩掛け用のアテがイマイチ

ちょっとしたことなので悪い所かどうかは人それぞれになりますが、私は気になる部分です。肩掛け用の紐の部分にゴムか何かで作られているアテが付いていて、歩く度に肩に食い込んできます。ツインペダルをケースに入れると結構重くなるので、長時間持ち歩くと肩が痛くなります。まあ、重いカバンを肩に掛けて歩けば痛くなるのは当たり前なんですけどね(笑)

私の場合はその対処法として、使わなくなったカバンのアテを代わりに付けています。アディダスの大きなカバンを持っているのですが、使用頻度でいえばペダルケースの方が遥に勝るのでちょっと拝借しています。少しでも痛みを軽減できたらと思っていたのでこの対処法は効果ありです。

代わりが無いという人は布や小さめのクッションを使ってみてもいいかもしれません。100均とかでいいのがあるかもしれませんね。劇的に変わるのかといわれれば自信がないですし、そのままでもなんら問題ないんですけどね。気が向いたらということで試してみてはどうでしょう。

参考動画

文章だけではわかりづらいと思うので、『収納(準備)している動画』を用意しました。どんな物を入れているのか、どういう風に入れているのかを撮影しています。収納している物とその順番は下に一覧として紹介しています。私がスタジオにいつも持っていく基本セットです。

これ以外の機材(スネアやチャイナ)に関してはその時々で持っていきます。レコーディングやライブ前の練習では必ず持っていきますが、普段の練習では持っていきません。いつも使っているスタジオにはスネアもチャイナも置いていますからね。本当は持って行く方がいいのですが、ついつい甘えてしまいます(笑)

収納物一覧 & 順番

  1. ツインペダル(本体)
  2. ビーター2本
  3. シャフト
  4. アタッチメント(1,2/3)
  5. ツインペダル(子機)
  6. アタッチメント(3/3)
  7. スティック(ケース)
  8. スプラッシュ
  9. 楽譜・譜面
  1. 着替え
  2. タオル
  3. ガムテープ
  4. ビニール袋
  5. ビーター(予備)
  6. 絆創膏・救急テープ
  7. メモ帳
  8. ペン
  9. ポケットティッシュ
  10. ヘッドフォン
  11. チューニングキー

14 ビニール袋

ペダルケースにどうしても入らなくなった物を入れるために常備しています

16 絆創膏・救急テープ
19 ポケットティッシュ

怪我をした時のためです(極稀にですが指を切ったりします)

17 メモ帳
18 ペン

スタジオでの話し合いや取り決めを記録するためです

20 ヘッドフォン

曲練習やメトロノームのカウントを聞きながら練習するためです

数年以上使用

最初はペダルに付属していたケースを使用していたのですが、若干作りが軟弱ですぐに破れてしまいました。その次はどこにでもある市販のカバンを使用していましたが、イマイチ使いづらかったのを覚えています。市販のカバンの次にこのタマのケースを購入して今に至ります。

最初はどうしようかいろいろ迷いましたが、今となってはこれで十分満足しています。もう数年以上使っていますし、使えなくなったとしても次に買う時はまた同じ物を買おうと思っています。長く使っているうちに愛着が湧いてきたというのも1つの理由ですけどね。

後、言い忘れましたが、このケースは知っている人は一目見て「あっ、この人ドラムやってるんだ」とわかってしまう所がまた良い所です。私も何度か持っている人を見かけたことがありますし、ギターやベースは誰が見てもすぐわかりますが、ドラムの場合はケースだけでは判別がしにくいのでやっている人しかわかりません。そんな中で、あの人もドラマーでタマのケースを使っているんだと、わかってしまうのがまた1つ趣があっていいのではないでしょうか。

おすすめペダルケースPBG45 / TAMA

  • メーカー:TAMA (タマ)
  • 型番:PBG45
  • 種類:ペダルケース
  • 特徴1:ナイロン製セミハードタイプ
  • 特徴2:ツインペダル対応
  • 特徴3:しっかりした丈夫な作り
  • 特徴4:収納力が高い横ポケット

関連商品

スポンサーリンク
カテゴリー使っている機材
おすすめトレーニングパッドTS12S / YAMAHA
パールのクォードビーターが折れる
コメントをする