Musible

ドラム・ツーバス練習法、音楽活動、音楽で収入を得るためのWEBサイトの活用法を解説

モテたいからドラムを始めたってなにも変じゃない

ドラマーに限らず、楽器を扱うプレーヤーの多くはモテたいから、かっこよく見られたいからという理由で始める人が多いです。ちなみに私もその1人です(笑)

スポンサーリンク

しかし、興味を持って一生懸命な人もいます。もちろん、私も真剣ですが「何だ、こいつ!」と思った人には謝ります。すみません。

ただ、始める理由は何でもいいと思うんです。モテたくて楽器をしよう、そんな理由で選んだ楽器がたまたまドラムであっても。

なぜなら、やらなければわからないからです。ドラムの楽しさ、演じる喜び、見られる嬉しさ、差を知った悔しさ、挫折。そしてライブの高揚感。やるからこそ学ぶことができ、知ることができるのです。

特にドラムなんて練習しにくい楽器です。「ああ、うまいなこのドラマー」って思ったあなたの想像を絶するくらい、そのドラマーは苦労しているのです。上手いドラマーのドラムを始めた理由がモテたいから。立派な理由だと思います。逆に驚きますよ。モテたいからってドラムが上手くなるまで練習するんですから。

楽器を始める理由なんて何でもいいんです。たとえ不純な理由であろうとやり始めることに意味があるんです。

大丈夫です。ステージの上で脚光を浴びた瞬間、モテたいなんて考えすぐに吹っ飛びますから。そして、知らないうちにドラムをする1番の理由が楽しいからに変わっていくんです。

でも、モテたいという動機は消えませんよ。
そこはまあ、やっぱりね(笑)

スポンサーリンク
カテゴリードラムコラム
ドラムを始めたきっかけ
曲は普段からテンポを少し変えて演奏することでメリットを得られる
コメントをする