Musible

ドラム・ツーバス練習法、音楽活動、音楽で収入を得るためのWEBサイトの活用法を解説

ドラムのリズムを叩きながらスティックを回す方法

スティックを回したいけど暇がない。どうしたらいいんだろう?と、お悩みのあなたにいい方法を紹介します。それはリズムを叩きながら回すというやり方です。

スポンサーリンク

そんな事できるのか?と思うかもしれませんが、それはそう思っているだけでこれが意外と簡単なんです。叩きながら回すというとすごく難しいイメージがありますが、それは勝手に難しいと思い込んでいるだけなんです。

次の譜面を見て下さい。

譜面例1

リズムの基本中の基本パターンです。これにスティック回しを入れるとどうなるかというと、

譜面例2

こういう具合に手順が変わります。3拍目のハイハットを左手で叩いただけです。こうすれば2拍目から4拍目を叩くまでのあいだ右手が空くのでスティックが回せます。

ただ注意してほしいのが、右手で回すといっても2拍目を叩いた後に持ち替えていたのでは間に合いません。ですので、あらかじめ持ち替えておいて2拍目を叩くと同時に回すというふうに工夫する必要があります。回したらそのまま右手で4拍目のハイハットを叩く。こうすれば音が途切れることなくフレーズを叩くことができます。

3拍目のハイハットを左手で叩き、右手で回すだけ。どうですか?すごく簡単ですよね。これに関しては8ビートでも同じことが言えます。

いろいろなパターン

8ビート

8ビート

3拍目は本来右手で叩きますが、それを左手に変えることにより右手が空きます。そこにすかさず右手で回す。

ただし、8ビートの場合はハイハットが細かいので速いテンポだときつくなります。テンポが速いとついきつく叩いてしまい、音のニュアンスをつぶしてしまいかねないので、余裕がなければ無理はしないでおきましょう。

8ビートではハイハットのウラオープンを使うことでテクニカルに見せることができます。ハイハット側の足を4分で踏むだけでオープンになるので、音とパフォーマンスの両方からアプローチできます。LLの時だけでも十分効果的でトリッキーなフレーズに変わります。

少しの工夫をしてあげることによって目で見せ、耳で聞かせるダブル効果を得られます。

ハイハットをライドに

ハイハットをライドに

ハイハットをライドシンバルに変えただけの何の変哲もないフレーズです。これに関しては右手でそのままライドを叩くといいでしょう。ではどこで回すかというと左手です。

今までは右手で回すのが前提でしたが、これについては左手で回すのが前提です。左手は2、4拍のスネアしか叩いていないので、それ以外は空いているといえます。もうお分かりですね。じゃんじゃん回しましょう。

叩く場所をカップに変えたり、ちょっとズラして音色を変えたりすればダブルで効果的です。ライドシンバルは特にサビやギターソロなどの盛り上がっている時によく使われます。便乗しても何の問題もなく回せますね。まあ、ある意味コバンザメ状態です(笑)

シンコペーション前

シンコペーション前

さて、お次はシンコペーションバージョンになります。1小節目4拍ウラにシンバルでシンコペーションしているのですが、考え方は8ビートの時とほぼ同じです。右手でスティックを回しながら、そのままシンバルを叩いてシンコペーションさせます。

ここでのポイントは4拍目アタマです。ハイハットを叩いていないので回しながら叩く事が可能となります。あくまで余裕を持たすためにわざと抜いています。もちろん1度そこでハイハットを叩いてシンコペーションするのも可能ですので、どちらでもお好みのやり方でいいと思います。

シンコペーション後

シンコペーション後

同じくシンコペーションの別バージョンです。さっきのとはちょっと変わってシンコペーション後の回しとなっています。

4拍目のウラでシンコペーションした後は少し間があるのでそこで回します。戻ってきた時にスネアと一緒にシンバルを叩いてアクセントをつけます。

こういったシンコペーションフレーズやフィルインを叩いた後にスネアとシンバルを一緒に叩いて戻ってくるやり方は特に活用度が高いです。いろいろな場面で使えるので、できるようにしておいた方がいいですね。

基本的な動作さえマスターすれば後はどうとでもなる

さて、これまで見てきてどうでしたか?
意外に簡単だったでしょう?

これがスティック回しの基本です。端から見てるとすごく難しそうでも基本はこれと同じです。後はどこに入れるかを探すだけ。

これらを応用していけば複雑なフレーズでも簡単に回すことができるでしょう。そしてあなたのオリジナルの回し方を見つければもうもらったも同然です。周りに差をつけていいトコ取りをしましょう。考えるだけでも楽しくなりますね。

スポンサーリンク
カテゴリースティック回し
フィルインの時でも工夫次第でドラムスティックを回せる
白玉はドラムスティックを回す最適な場所
コメントをする