Musible

ドラム・ツーバス練習法、音楽活動、音楽で収入を得るためのWEBサイトの活用法を解説

エックスサーバーでアクセス解析の設定をする

エックスサーバーは独自でアクセス解析機能を持っています。アクセス解析ではGoogleアナリティクスが有名ですが、エックスサーバーでも使えるので入れておくと良いでしょう。データはたくさんあった方がより信ぴょう性も増しますから。

スポンサーリンク

エックスサーバーでのアクセス解析の設定方法

まずはサーバーパネルにログインします。

左下の『設定対象ドメイン』より、設定したいドメインを選択して、『設定する』ボタンをクリックします。

該当ドメインに切り替わったら、統計という項目にある『アクセス統計』をクリックします。

『アクセス解析の追加』タブをクリックします。

選択されているドメインが合っているかを確認して、『アクセス解析設定の追加』ボタンをクリックします。
「アクセス解析の追加が完了しました」という画面になったら設定完了です。

『アクセス解析一覧』タブをクリックすると画面にアクセス解析が追加されていると思います。『閲覧』というリンクをクリックすれば、アクセス解析ツール画面へ移動します。

  • 1日にどれだけの人が訪れたのか?
  • どれだけページを閲覧したのか?
  • どこから・どのキーワードで訪れたのか?
  • どのページがたくさん読まれているか?

といったサイトの状況がわかります。

たとえば、ページビュー(PV:訪問者がページを見た回数)が少ないページは内容を精査して、もっと良いものにしていくと改善するかもしれません。内容をもっと詳しく掘り下げたり、客観的なデータを用いたり、画像や音源、動画を作成してわかりやすくしたり、という工夫ができます。

狙ったキーワードでちゃんとページまで来られているかもわかります。検索されたキーワードが記録されるので、意図しないキーワードで来訪されることが多い場合、もっと積極的に、でも不自然にならないような状態でキーワードを盛り込んでいくと改善されるかもしれません。

このようにサイトやページの良い点・悪い点をつまびらかにしてくれるのがアクセス解析ツールです。

どこが悪いかわからないと処置のしようがありません。体のどこに不調があるのかわからなければ適切な対処ができないのと同じです。アクセス解析を導入することで客観的なデータをもとに「どこに、どういう対策が必要なのか」という『問題を認識できる』ようになるわけです。

良い点は参考にして積極的に取り入れ、悪い点は適切に対処していく。解析ツールを活用して、より良いサイト作りに励んでください。

スポンサーリンク
エックスサーバーで独自ドメイン用のメールアドレスを設定する
複数サイトを新しいドメインに統合した時に行ったリダイレクト設定手順
コメントをする