Musible

ドラム・ツーバス練習法、音楽活動、音楽で収入を得るためのWEBサイトの活用法を解説

エックスサーバーの無料で使えるSSL(https)の設定をする

SSL化とはWEBサイトのページを暗号化することを言います。なりすましや盗聴、改ざんなどを防止するためのセキュリティー強化策です。ページのアドレスを確認してみると『https』となっていると思います。SSL化されているページはアドレスが『https』になります。

今やWEBサイトは重要な情報源です。運営者も無関心ではいられない時代です。元々、ログインページやお問い合わせフォームといった情報を扱う特定のページのみでよかったのですが、今や全ページを暗号化するのが主流です。

GoogleがランキングにHTTPSを採用するという発表をしてからは、SSLへの移行がさらに加速したのは言うまでもありません。

エックスサーバーではこのSSL化を無料で、かつ簡単に設定できます。そのやり方を紹介します。

スポンサーリンク

エックスサーバーでSSLを設定

サーバーパネルにログインします。

左下の『設定対象ドメイン』より、該当するドメインを選択して、『設定する』ボタンをクリックします。

該当ドメインに切り替わったら、ドメイン項目にある『SSL設定』をクリックします。

『独自SSL設定の追加』タブをクリックします。

表示されているドメインが間違っていないかを確認して、『独自SSL設定を追加する(確定)』をクリックします。

CSR情報について

『CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する』にチェックを入れると、以下のフォームが出てきます。

項目はそのままで問題ありません。というより、チェックを入れなくても済むので、入れずにそのまま『確定』をクリックしても大丈夫です。

確定ボタンを押すと青枠で「SSL新規取得申請中です。しばらくお待ちください」と表示されるので指示通り待ちます。

画面が自動で切り変わり、『独自SSL設定を追加しました』と表示されれば完了です。
SSL設定が反映するまで最大1時間程度かかるので、それまで待ちましょう。

各所を変更する

エックスサーバーでのSSL設定は簡単なんですが、面倒なのはそれに伴う各所のURL変更作業です。SSL設定を施して、これからサイトを1から作っていくのであれば、URLは『https』で書いていけばいいでしょう。

ただ、すでにサイトを持っていてSSL設定を新たに施したというのであれば、URLの変更をする必要があります。今まで『http』だったのを『https』に変更するわけです。たとえば、WordPressのURL設定、アフィリエイトリンクコード、内部リンク、画像などのデータといった様々なもので使われているURLについてです。この変更作業が1番手間がかかると思います。

まず、どの類の変更が必要なのかを書き出して、それに対応できる方法を見つけ出します。一括変換できるなら簡単に済みますし、1つ1つ手作業で変更しなければならないものもあります。以前、私が行った作業のいくつかを紹介しておきます。

SSL化によるURLの変更は避けられない必須作業なので、少しずつでも修正していきましょう。

スポンサーリンク
Twitterのアカウントを削除して退会する方法
エックスサーバーで独自ドメイン用のメールアドレスを設定する
コメントをする