Musible

ドラム・ツーバス練習法、音楽活動、音楽で収入を得るためのWEBサイトの活用法を解説

おすすめトレーニングパッドTS12S / YAMAHA

トレーニング機材特に役に立つ

数あるトレーニング機材の中で1番役に立つと言ってもいいです。感触がかなりリアルに近いので、本物を叩いた時とのギャップも少なくなります。大いに役に立つので是非1つは持っておきたいものです。

スポンサーリンク

詳細

  • メーカー:YAMAHA (ヤマハ)
  • 型番:TS12S
  • 種類:練習用トレーニングパッド
  • 特徴1:口径12インチ
  • 特徴2:ラバーコーティングヘッドシート

良い所

リムショットの練習ができる

1番良い所がなんといってもリムショットができるという点です。バスやシンバルは叩けばその力に応じた音量が出ますが、スネアに限ってはきちんとしたリムショットの技術を身に付けていないと音量は出せません。スティックの当たる角度や長さといったほんのちょっとの差でも音が変わってくるので、安定した音を出すための練習が必要になります。その重要なテクニックの練習ができるのが、このパッドということです。

リムショットはスネアを叩く上で欠かすことのできない重要な技術の1つです

セッティングの勉強になる

セッティング時の高さや角度の確認ができるのもいい点です。普通のスタンドと同じように高さや首部分の角度が調整できるので、セッティングの練習にもなります。最初の内はセッティングも難しいですからね。高さや角度の違いでやりやすさがガラリと変わるので、どれ位がいいのかを把握するのにはもってこいです。

注意

振動・騒音

叩いた時の音が静かなラバータイプを使用しているとはいえ、パッドである以上はある程度の音が出ます。打撃時の振動ももちろんあるのでそのことをふまえておきましょう。

持ち運び

後、折り畳んでもそれなりの大きさがあるので、気軽に持ち運びするにはちょっときつい面があります。重さもそれなりにありますが、まあ室内で使用するならいうほど気にはなりませんけどね。

口径

ヤマハのTS12Sは面の口径が12インチなんですが、それだと小さいという人はパールのパッドSDN-14Nをおすすめします。TS12Sより少し値段が高くなりますが、普通のスネアと同じ大きさの14インチなので叩きやすくなります。

練習に最適

スネア1発の音の良さで腕が決まると言っても過言ではないでしょう。安定した音を出すためにも練習は欠かさないようにしておきたいものです。

おすすめトレーニングパッドTS12S / YAMAHA(ヤマハ)

  • メーカー:YAMAHA (ヤマハ)
  • 型番:TS12S
  • 種類:練習用トレーニングパッド
  • 特徴1:口径12インチ
  • 特徴2:ラバーコーティングヘッドシート

関連商品

スポンサーリンク
カテゴリー使っている機材
おすすめトレーニングパッドTSP6 / TAMA
おすすめペダルケースPBG45 / TAMA
コメントをする