Musible

ドラム・ツーバス練習法、音楽活動、音楽で収入を得るためのWEBサイトの活用法を解説

相性が良くてレーザー式にも対応しているマウスパッド

以前使っていたマウスの調子が悪くなったので、新しくロジクールのM510に変えました。そこまでは良かったのですが、今度は若干反応が悪くなりました。これではレコーディングに支障が出てしまいます。

M510と今使っているマウスパッドの相性が悪いのかと思ったので、これを機にマウスパッドも新しいのにしようと、さっそく近くの家電量販店に買いに行くことに。

マウスパッド自体はそこまで値段は高くありません。高いのもあるにはありますが、そこまでかけるつもりはないし、500円も出せばそれなりのが買えるので、それで十分かなという考えでいろいろ物色。

結果的に購入したのは、ELECOMのメタリックマウスパッドMP-112SV(シルバー)です。いろいろな種類を前にどれを買うか迷いましたが、自分が買いたいと思ったポイントは以下の点です。

スポンサーリンク

レーザー式に対応している

ロジクールM510がレーザー式なので、それに対応しているのが前提。

見た目

マウスは黒、机は白。机周りも白と黒が多いからシルバーにしても問題はない。

価格

近くの家電量販店で、465円で購入。

大きさ

大きさは150×180。B5判は182×257なので、B5判ノートの半分より横幅を少し大きくした感じ。今まで使っていたのも同じ大きさだから問題ないけど、人によっては小さいと感じるかもしれません。

厚さ

少し安いスタンダードタイプとどっちにしようか迷ったけど、決め手になったのは厚さ。スタンダードタイプは厚さが2mmで、買った方は0.3mm。写真は下にノートを敷いています。比べると薄さがわかるかな?

マウスとの相性

1番の懸念はマウスとの相性。こればかりは使ってみなければわからないからさっそく帰って確かめることに。

使ってみた結果はすこぶる調子が良く、ロジクールM510にELECOMメタリックマウスパッドMP-112は問題ないという結果に。とりあえず安心。

本当に相性が悪かったのか?

新しく買った物と以前使っていた物は同じELECOM製。すごく似ているので最初は色違いかと思ったけど、調べてみるとレーザーマウス用のマウスパッド、メタリックMP-108BUD(ブルー)だった。値段はこっちの方が若干高いから今回買ったのより良いやつなのかもしれない。
ではなぜ反応が悪かったかというと、表面の加工がかなり消耗していたのが原因と推測。良く使うであろう範囲がもうツルツルになっていたし、汚れも酷いから読み取りづらかったのも頷けるというもの。

相性が悪いというよりは単にパッドが消耗していただけという結論に。なるほどマウスパッドもある程度は定期的に変えていかなければならないんだね。

やってはいけないと思いつつもやってしまった

実は後で調べてわかったことなんだけど、家電量販店で買うよりもAmazonで買った方が安かったという結果に。ELECOMのメタリックマウスパッドMP-112SV(シルバー)をAmazonで調べたら355円だった。
なんてこった、110円も安い。後60円も出せばお気に入りのマウントレーニアDOUBLEエスプレッソが買えちまうぜ、ちくしょう。

今となってはネットと比較するのはごく自然なことで、実際の店舗より安くなることもザラにあります。あまりに違和感なく、迷いもなく、自然に商品を手にとってレジで精算してしまった。これがいいなと納得した次の瞬間にはもう違う物を買うことで頭が一杯だったせいもある。マウスパッド以外に電池も買う予定だったんだよね、マウス用の。

ネットの方が安かったなんて今さら言っても後の祭りだし、買った後でその商品を調べるなんてやっちゃいけないよ。大抵良いことはない。それに買い物はなるべく実物を見た方がわかりやすくていいよ。

反応が悪くなったマウスパッドを使っていてもストレスがたまるだけだよ。
Amazonで注文している間、そのストレスに数日間さらされることを思えば、110円なんて屁でもないぜ
( ̄Д ̄;) ふう~

スポンサーリンク
カテゴリー使っている機材
スタジオにパソコンを持ちこんでセルフレコーディングする時に便利なワイヤレスマウス
ドラムフレーズをメモするための自作五線譜
コメントをする