Musible

ドラム・ツーバス練習法、音楽活動、音楽で収入を得るためのWEBサイトの活用法を解説

ツーバスをより一層際立てるチャイナシンバルの特徴

チャイナシンバルとは、縁が反り上がった独特の形をしているシンバルのことです。ツーバスに合わせて連打が可能なので、これ以上ないほどの迫力が出せます。

スポンサーリンク

チャイナシンバルの特徴

独特な形をしている

チャイナシンバル

微妙かもしれませんが、シンバルの周りが反り返っているのがわかりますかね?
横から見ると下の図のような感じです。

チャイナシンバル側面図

リハーサルスタジオにも置いてありますし、楽器屋さんなんかで1度は見たことがあるかと思います。

ツーバスに合わせて連打が可能

その形もさることながら、クラッシュシンバルよりもサスティン(余韻)が短いことにあります。音が長く残ってしまうクラッシュを連打してもはっきり鳴っているのかわからないですが、チャイナは1発1発はっきりと聞こえます。

アタック時の立ち上がりもいいので、連打するならクラッシュよりチャイナの方が向います。

叩いた後のシンバルの揺れも影響します。クラッシュは叩くとその強さに比例して揺れも大きくなります。連打するには練習と叩き方の工夫をしなくてはなりませんが、チャイナシンバルはその揺れを限りなく抑えることができるので最適です。

大きさでアクセントのニュアンスが変わる

パワフルに迫力を持たせたいなら大きめに、16分などの細かなアクセントには小さめのを使うと表現しやすいです。スプラッシュと重ねるとまた違った面白い音にもなるので、いろいろ試してみてはどうでしょう。

ツーバスと一緒に連打することでこれ以上ないほどの迫力が出せる

私は練習やライブには必ず自分のチャイナシンバルを持っていきます。私が使っているのはSABIAN(セイビアン) AA Metal-Xシリーズ 18″(インチ)なんですが、「ジャン!ジャン!」と迫力ある音はさすがで、パワフルかつ攻撃的なサウンドが特徴です。私はこれが無いと落ち着かないんですよね。

いつも使っているスタジオには必ずチャイナが1組置いてあります。そこに自分のを足して左右にセッティングすることで、見た目も派手に、そして大胆かつアグレッシブな演奏が可能になります。

左右からニョキっと上に向いて牛の角みたいです(う~ん、イマイチ例えが悪いですかね(笑)。まあいわゆる要塞の外壁となる部分ですね(笑)。見た目本当に派手で凄味がありますよ。

叩いた時の音とパフォーマンス性は他のシンバルでは到底出せません。スネアと一緒に叩くと曲やフレーズに迫力を持たせられると同時にタイトな表現にもできます。クラッシュでは余韻が長いと思う時はチャイナにして鳴りを抑えたりもします。

注意が必要

ソロの時やここぞといった時はツーバスとの連打でよく使いますが、やりすぎには注意した方がいいです。迫力があるということはウラを返せばやかましいということにもなります。他の音が聞こえにくくなったり、他の人のプレイの邪魔をする恐れがあるので、考えなしに使うのではなく客観的な音量なども気にして叩きましょう。

おすすめチャイナセット

SABIAN AA CHINESE 18″

SABIAN AA CHINESE 18″
派手でパワフル!アタックの立ち上りとキレがよく、攻撃的なサウンドなので、ここぞで使えば盛り上がること間違いなし!(私も使ってます)
おすすめ度 ★★★★★

SABIAN AAX CHINESE 20″

SABIAN AAX CHINESE 20″
タイトに仕上げられたダークな音色。AAXはAAよりもピッチが低いのでヘヴィサウンドに最適。20インチという大きさに相応しい迫力の音です
おすすめ度 ★★★★

SABIAN AA CHINESE 12″

SABIAN AA mini CHINESE 12″
鋭い立ち上がりとキレの良さは抜群!シャープな音色が繊細な音使いをカヴァーします。持ち運びも楽でスプラッシュと重ねれば、また違った音になるのですごく便利です
おすすめ度 ★★★★

ヤマハシンバルスタンド CS655A

ヤマハ シンバルスタンド CS655A
ズレが極端に少ないので、不意の傾きを防いでくれます。傾きをミリ単位で調整できない分、ネジ山式なので長期にわたって使用が可能です
おすすめ度 ★★★

ライブハウスやスタジオに1組は置いてある所がありますが、連打しようと思ったら2組必要なので、どっちにしてももう1組必要になるわけです。自分の理想を追求する為にも用意しておいてはいかがでしょう。

いつでも使えるようにミニサイズを常に携帯しよう

プレイスタイルで大きいチャイナが必要でないならミニチャイナかスプラッシュでいいと思います。小さいのでペダルケースに入れることができて持ち運びも楽ですし、1枚あれば表現力も格段に上がります。

シンバルアタッチメントとセットで持ち歩けば、いつでもどこでも出し入れ自由です。私もカバンにこっそり忍ばせてあります。少し重くなりますけどね(笑)

私にとってなくてはならない存在

ツーバスドラマーならペダルとセットで持っている方が好ましいですね。私自身、プレイの要とも言える存在ですから。

シンバルの使い方で特に参考になるのが、ドリームシアターのマイク・ポートノイです。シンバルプレイ及び重ねシンバルのバリエーションがすごく勉強になります。私も少なからず影響されたマイク・ポートノイ / リキッド・ドラム・シアター [DVD]を是非見ることをおすすめします。

スポンサーリンク
カテゴリー使っている機材
ツーバス練習に役立つ本 / ビデオ&DVD
パールのペダル・エリミネーターのセッティングの仕方
コメントをする