Musible

ドラム・ツーバス練習法、音楽活動、音楽で収入を得るためのWEBサイトの活用法を解説

ツーバスでよく使われる基本パターン1

ここで紹介するパターンは、メタルにおいてほぼ100%と言ってもいいくらい、よく使われるパターンです。「これができないとメタルの曲はできない」と言っても過言ではないほどのパターンです。

スポンサーリンク

曲中でよく聞こえてくる

メタルの曲を聞くとわかるのですが、曲中で「ドドタド、ドドタド」と聞こえてくるのが、このパターンです(ドドタドだけじゃわかりづらいかもしれませんが)。
メタルのみならずツーバスの練習となると、まず初めに練習するのがこのリズムでもあります。

ツーバスの基本はオルタネートで足だけを使って踏む練習をしました。足が少しずつ慣れてきたなら、今度は手も一緒に使っての基本的なリズムパターンの練習です。

ウラ打ちリズム

ウラ打ちリズム

この手の形を覚えておいて下さい。4分(オモテ)に対して、そのウラにスネアを入れたこの形を 『ウラ打ち』 と言います。「あの曲のAメロのウラ打ちがかっこいい」「ここのリズムはウラ打ちの方がノリやすい」、という言い方をよくします。

ちなみにこれは手の形の名称なので、基本的に足の形はどんなのでもいいです。ただし、同じウラ打ちでも足(バスドラム)の形で表現する時があります。

例えば、「Aメロはウラ打ちでバスドラムは4分で踏んだシンプルなのにしたい」、「ここのBメロはAメロと雰囲気を変えたいからウラ打ちだけど足は連打で」なんていうふうに。ウラ打ちという言葉は表現上良く使う言葉なので、覚えておきましょう。

最初はゆっくりから、徐々にテンポを上げていく

誰もがいきなりできるわけではないので、最初はゆっくりなテンポから始めます。出来てくるにつれて徐々にテンポを上げていく、というやり方が1番の近道です。

足は右左右左、それができたら左右左右と順序を逆にして練習

詳しい説明は、連打で重要な練習 その2でしているので、そちらを参考にして下さい。

目標はテンポ160で5分間

テンポ160で5分間続けることができれば、半数以上の曲は叩けるようになります。さらにほとんどの曲を叩けるようになりたいのであれば、テンポ180で5分間です。ちゃんとできるようになれば、ほとんどの曲は叩けます。

まずは足だけでも

ツーバスを練習する際、ほとんどの人がまずリズムを叩くことから始めます。決して間違っている訳ではありませんが、私はあまりおすすめしません。なぜなら、手を使い出すと途端に難しくなるからです。

まずは足だけで上手く踏めるようになって、それに合わせながら手を入れるという方法が1番だと思います。ただでさえ両足で踏むということは難しいですから、あれもこれもと付け足すのではなく、まずは足だけで練習して、きちんとした土台を作ってから、リズムの練習を始めましょう。その方が結果的にスムーズにいくのではないでしょうか。

スポンサーリンク
ツーバスでよく使われる基本パターン2
コメントをする