Musible

ドラム・ツーバス練習法、音楽活動、音楽で収入を得るためのWEBサイトの活用法を解説

ツーバス リズム6連

連打だけをしてきた基礎と違い、リズムで6連を入れるのはかなり難しいです。リズムの中でそのまま6つを足で踏むことはあまりやらないのですが、使いこなせるようになったらある意味必殺技になる可能性があります。

6連はどちらかといえば、手と足を使ってフィルイン的なアプローチにするのが常套手段です。しかし、元々の6連自体を演奏できなければ使うことができないので、ここで再度確認と、リズムで使用する際のコツや注意点などを紹介していこうと思います。

※動画はテンポ80で統一しています。

スポンサーリンク

確認用 譜面1

確認用譜面1

6連の正確なタイミングときちんとした数を確認する為にまずはこのフレーズから始めます。足を入れる際のつっこみ過ぎに注意しましょう。6連はどうしても『踏まないと』という意識になってしまい、その気持ちからかつっこみ過ぎて踏めなくなることが多いです。

6連を習得する時の1番のコツは6発をきちんと踏むことにあります。いきなり速いテンポから始めると勢い任せでできた気になるので危険です。他の練習と違い、特に遅いテンポから始めて正確に6発を踏む練習をしないと到底習得はできませんので、まずはこのフレーズを使って正確なタイミングと数をつかむ練習をしましょう。

このフレーズを始める時は最初は必ず手だけで6連を叩きます。この時点で正確に6連を刻んでいき、そしてその手に合わせながら足を入れていきます。手と合わせることにより足にも正確な6連を覚えさせるのです。

遅いテンポから徐々に上げていき目標テンポに近づけていきましょう。単発で入れるならテンポ150位で、連打で入れるなら130位がいいでしょう。それができるようになれば武器として十分使えるようになると思います。私は120ぐらいが1番やりやすいテンポになります。これぐらいなら連打してもほとんど6連のニュアンスを損なうこと無く踏むことができます。

本来練習では目標テンポの10以上でできるようにならないと目標テンポでは安定しないといいます。120なら130、150なら160というふうに。逆に下のテンポは目安がありません。遅くすればするほどより高い安定性が必要になるので練習すればするほど安定していきます。1つのフレーズを習得したければこのどちらも練習する必要があります。まあ、フレーズを練習する際の1つの目安としておきましょう。

確認用 譜面2

確認譜面2

上のフレーズの2・4拍を抜いた形で、手と足を交互に叩いていくフレーズです。上のフレーズで6つを正確にとらえられるようになったら、足が重なる部分は手を抜きます。足が独立して正確に踏むことができなければ使うことができないので、ここでそれを練習します。

手がなくなるだけでかなり難易度が高くなるので、先ほど練習したタイミングを思い出しながら叩きましょう。あせる必要は全く無いのでゆっくりなテンポから確実に入れるようにしましょう。

足ばかり集中しすぎて手がダメにならないようにして下さい。手で叩いた6連をマネして足で踏むようにするのがコツです。ここでの見本はあくまで手ですのでそれを忘れないようにしましょう。あなたが思っているほど足は動かないものなので、丁寧に覚えさせていきましょう。

リズム 1

6連リズム1

6連リズムを練習する時に役に立つフレーズです。1小節目は右手ハイハットと右足のバスを3連で、2小節目の1・3拍に左足を入れるパターンです。右手・右足を基準にできるので左足はすんなり入れることができると思います。十分に練習を重ねて6連の感覚をつかみましょう。ここでの練習が今後に大きく影響していきます。

リズム 2

6連リズム2

上のフレーズの2・4拍の3連を抜いた形でここから普段使う形になっていきます。右手のハイハットが3連になっているのでここを基準に合わせていくと6連も踏みやすくなります。最初はきちんと刻んでタイミングを覚えていきましょう。

リズム 3

6連リズム3

上で練習したのを思い出しながら練習しましょう。ここではハイハットを4分で叩いています。今までのフレーズをきちんとこなしていればできると思います。最初は無理をせず、遅いテンポから確実にできるようにしていきます。ハイハットが3連だと速いテンポではしんどくなりますが、4分だと足が動きさえすれば速いテンポでも演奏できるので、このフレーズはしっかりと練習しておきましょう。この形が6連の基本となるので、しっかりと練習して自在に使いこなせるようにしておきましょう。

リズム 4

6連リズム4

腰のバランスが大事です。どうしても勢いづいてしまうので、腰のバランスをよくすることで上手くコントロールしましょう。6連が踏めるようになったら、次はそれを維持することに集中して下さい。6連ばかり気にしていてはフレーズ全体のバランスがわからなくなります。意識しつつ常に流れていくようなイメージを持って練習して下さい。

リズム 5

6連リズム5

連打の勢いを止めた後に8分ウラを入れ、そこからまた6連を踏むという足の静と動が要求されるフレーズです。

足の動きは静と動ですが、音だけ聞くと勢いそのままに聞こえます。なぜなら8分のウラが勢いを殺さず逆に次に伝える働きをしているからです。8分がかなりやりにくい場所にありますが、踏めるようになればかなり重宝することになります。核心編では8分ウラを嫌というほど練習してきましたが、中でも6連に絡んだこの形が1番難しいと言えます。

足のスネを上手く使った6連と足全体を使った8分の切り替えを速くするのがコツです。この形は実際の曲でも使われる形なので練習していて損は無いです。速いテンポで踏めれば踏めるほど必殺技になっていくのでがんばって習得して下さい。

リズム 6

6連リズム6

お馴染みの連打パターンです。当たり前ですが16分の連打より音数が増えるので、より難しく、より疲れやすくなっています。

コツはハイハット。4分を右手で叩きながらも、頭の中では3連を思い描きながら叩きます。3連を思い描いていると、漠然とした長さの中に基準を作ることができるので、そこに足を合わせると思った以上にやりやすくなります。

1拍1拍にきちんと6つを入れていきます。「6連の1発目を強くする」を意識して踏んでいくとフレーズにメリハリをつけることができます。

あとがき

『6連はどちらかといえば、手と足を使ってフィル的なアプローチにするのが常套手段』と冒頭に書きました。確かに両手足を使えば6連符でも比較的簡単に叩けます。

しかし、それでは完璧にマスターしたとは言えません。
それだけでは超えられない壁が6連には存在します。

人によりけりではありますが、あなたがかっこいいを聴かせたいなら、この壁を超えないといけません。手足を使うのはそれからでも遅くはありません。

土台がもろいと壁なんて到底超えられません。
今は1つ1つ目の前のことに集中して、しっかりした土台を作っていきましょう。

スポンサーリンク
ツーバス リズム オモテ半拍3連
ツーバス リズム3連
コメントをする