Musible

ドラム・ツーバス練習法、音楽活動、音楽で収入を得るためのWEBサイトの活用法を解説

ツーバス連打で重要な練習 その2

ツーバスの練習法はいろいろありますが、連打のみに焦点を絞ればかなり限られます。大きく分けて2つ。

1つ目は『片足8分連打
2つ目は『オルタネート』

スポンサーリンク

両足を使って交互に踏む練習

楽譜

※動画のテンポは120です

片足8分連打をやっただけではツーバス連打は完成しません。
その次にやることはオルタネート、つまり両足を使って交互に踏む練習です。

片足8分連打を右も左もクリアしても、それを交互に踏むことができなければ意味がありません。そして、交互に踏むのはかなり難しく、練習しないと遅いテンポですら踏むことができません。

『右→左』と『左→右』の両方を練習

注意すべきは16分の1発1発を意識して、同じ音量で鳴らすことです。左右の音量バランスが違うと気持ち悪い16分になってしまいます。そうならないために足の順序を逆にした場合も練習します。

クリックを聴きながら『右→左』の順序(利き足が右)で練習している時は気づきにくいですが、『左→右』に順序を変えたとたんにクリックとずれてきます。そして、それをまた戻そうと考えて左足をクリックに合わせようとします。

この時、必ずといっていいほど意識が左足に集中します。
なぜなら、ちゃんと意識して踏まないとクリックに合わないからです。

左足を元に戻したとしても、慣れていないのでまたずれる。
そうするとまた合わせる。

ずれる・合わせるとやっていくうちにだんだん慣れてきます。そうするともうずれることはなくなって、左足も意識して踏めるようになっているので、音のバランスも格段に良くなっているということです。

地道にコツコツ練習

私はツーバスに関してはいろいろな練習をしてきました。その最たる練習法が、上で紹介した『連打を練習するなら両方の足からスタートさせる』です。最初に踏み出す足は自然と軸になるので、意識を向けることになり、結果集中して鍛えることができます。

踏み出す足がいつも利き足ばかりだと、逆の足に意識が集中しないので、双方の経験値に差がどんどん出てきてしまいます。利き足はワンバスの時も使うので、それによりさらに経験値に差ができてしまうのです。

逆の足もしっかり鍛えましょう。
少しずつ練習を重ねることで、経験値が増え、精度が増していきます。
結局は地道にコツコツ練習を積み重ねることが1番の近道なんだと思います。

スポンサーリンク
ツーバス連打ができない原因
ツーバス連打で重要な練習 その1
コメントをする