Musible

ドラム・ツーバス練習法、音楽活動、音楽で収入を得るためのWEBサイトの活用法を解説

コントロール力を鍛えるチェンジアップトレーニング

スティックコントロールを磨く基本練習の1つに、チェンジアップというものがあります。ほとんどの教則本などで紹介されているメジャーな練習法ですが、コントロールを磨くためなら何も手だけでなく、足でやってしまっても問題ないわけです。チェンジアップに限らず、手で行ういろいろな練習法を足に代用するのは良くやる方法です。

スポンサーリンク

譜面と動画

チェンジアップ譜面

  1. テンポ160
  2. 2小節でチェンジ

足でチェンジアップといっても、今回はツーバスでよく使う8分・3連・16分を中心に構成しています。8分とその倍の16分がからんでいるので、テンポが速いと大変ですし、遅いとやりにくくなります。個人的に160がやりやすいと感じたので、動画ではそれに合わせていますが、もちろん自由に変えてもらって構いません。

ただ、今回はやり方を少し工夫しているので、それに合わせて2つの動画を用意しました。それぞれ少し違いがありますが、なかなかどうして、やりがいのある内容になっています。

リピートチェンジアップ

『8分 → 3連 → 16分 → 8分 → 3連 → 16分 → 』
というように、16分音符が終わったら最初の8分に戻って繰り返します。16分から8分に戻る所が1番ずれやすいので、クリックをしっかり聞きながら『そのクリックに片足を合わせる』ことを意識すればやりやすくなります。

リバースチェンジアップ

『8分 → 3連 → 16分 → 3連 → 8分 → 』
というように、小節間を行ったり来たりします。リピートした時と違って、微妙な音数の中で変化を繰り返すので、しっかり数をとらえていないとわけが分からなくなります。両足にしっかり意識を向けて、常に踏んでいる感覚を忘れないようにしましょう。

チェンジアップで注意すること

音数の変化をちゃんととらえることができるかがポイントです。手で行う場合は感覚がわかりやすいのでいいのですが、足だとかなりわかりづらいです。両足にしっかり意識を向けていないと、切り替わる所でグダグダになります。

『1拍に対して、それぞれ何発入れるのか』『音符同士の間隔』をしっかり認識していないとすぐに切り替えるのは難しいです。何気なく踏んでいるだけでは決してできないので、しっかり音符を意識しましょう。

最初は『8分と3連だけ』『3連と16分だけ』といった、それぞれパルスの違う音符を繰り返し重点的に練習することをおすすめします。動画ではそれぞれ3リズムを繰り返していますが、まずは個別で練習してからの方が習得しやすいと思います。

個人的には好きなやり方

今まで聞いた中では8分から16分、8分から3連、3連から6連、3連から16分、というふうにいろいろと挙げることができますが、ツーバスでチェンジアップは使用場所がかなり限られます。

音符が倍もしくは半分になる変化ならまだしも、8分から3連というように、パルス自体ががらりと変わるチェンジアップの場合は、曲との兼ね合いもあるのでなかなか使用が難しいのが現状です。私自身、数えるぐらいしか思い浮かびませんし。

難しいとはいえ、フレーズ自体のチェンジアップや曲全体を巻き込んだチェンジアップは個人的には好きなやり方です。単調な曲の流れを一気に変えるという意味では使える方法の1つだと思います。

『おっ!変わった』と思わせることができればしめたもの。
聞かせるためのスパイスとしては良い調味料になると思っています。

意識して聞いてみれば、どこかで使われているかもしれません。
私も絶妙な変化をする曲をいくつか知っています。
あなたもその内、流れが変わるあの感じが病み付きになるかもしれませんね。

スポンサーリンク
両足を鍛える練習法
毎日30分から始めるツーバス練習メニュー
コメントをする