Musible

ドラム・ツーバス練習法、音楽活動、音楽で収入を得るためのWEBサイトの活用法を解説

ツーバスの練習は1拍の形をそれぞれ組み合わせたフレーズが効果的

ツーバス練習法の最大のコツとは!?】で紹介していますが、ツーバスの練習で効果的なのは、必要になるであろう1拍の形をそれぞれ組み合わせてできたフレーズを練習することです。モノによってはそのまま曲で使うこともできます。
ちょっとした表を作成したので、試しに組み合わせて作ってみましょう。

スポンサーリンク

組み合わせて作ろう

組み合わせ方法

足のパターンについて

それぞれの拍に該当する音符を選びます。1拍ずつ、音符を縦に見て、選んでいきます。より実践的に使えるよう、4分や8分音符、休符なども用意しました。

手のパターンについて

最初はハイハットを4分、スネアをバックビートの形にすると練習がしやすいです。よく使うウラ打ちも練習しておいた方が良いですね。
それ以外では、オーソドックスから変化的なものまで、いろいろ用意しています。
下から3つは『パラディドル』を使います。

組み合わせ表

足のパターン
 1拍2拍3拍4拍
手のパターン

自分の武器になるものが見つかるかも

よく使うモノから、ちょっと使えないモノ、ツーバスのみならず8ビートといったワンバスリズムなど、いろいろ作ることができます。

私はそれこそ手当たり次第作ったことがありますが、『16分音符3つの形』が特に重要だと気が付いて以降、そればかりを重点的に組み合わせて練習していきました。

ちょっとしたフレーズの作成や音符の並び確認にも使えます。遊び感覚で作るのも良いかもしれません。いずれ使うチャンスが来るかもしれないので、気になるフレーズはメモしておくと良いでしょう。

スポンサーリンク
テンポ別での足の動きを見比べる
ツーバス練習法の最大のコツとは!?
コメントをする