Musible

ドラム・ツーバス練習法、音楽活動、音楽で収入を得るためのWEBサイトの活用法を解説

ScanSnap S1300iで本を114冊自炊してみて

Nexus7の購入をきっかけに、本の自炊を本格的に始めようと思いました。その際、重要になるのがスキャナー。どれにしようかかなり悩んだんですが、私が選んだのは『富士通 ScanSnap S1300i』。そもそも本自体そんなに多いわけでもないし、ボチボチできればという考えがありました。

スポンサーリンク

本の自炊とは

持っている本などを自分で電子書籍化することを自炊といいます。大まかな作業は、本の分解、ページのスキャン、必要ならば画像の補正や修正も加えます。

本の自炊方法

  1. 用意するもの
  2. 本の裁断 ※重要
  3. 読み込み
  4. 確認と補正 ※重要
  5. タブレット用に修正

私にとっての自炊のメリット

  • 読みたい本を手軽に持ち運びたい
  • 取説や書類などの整理
  • 本が占めていた物理的スペースを空けるため

読みたい本を手軽に持ち運びたい

読みたいと思った本や、勉強していることについての参考書など、沢山の本を持ち歩くのは大変です。特に参考書などは、ふとしたことで「どうやるんだったかな?」と疑問に思ったこと、出先で忘れていたことなどを読み返すには便利です。「これについては、あの本のあのページに書かれていたな。内容はどうだったかな?」「この専門用語はどういう意味かな?」、そんな時は自炊した本を開けばすぐに解決します。電子書籍ならデータさえ入れてしまえば、後は閲覧するためのツールさえあればいいので非常に手軽です。

取説や書類などの整理

「なかなか読む機会が無く、邪魔だけど捨てるに捨てられない」、というものもあります。私の場合は今まで溜まっている取説や年賀状といった類です。書類やメモ、いつか使うかもしれない取説、明細証、年賀状、その他多くの紙類など、データ化してしまえばスッキリ。本のみならず、そういったモノの整理も兼ねています。スキャナーの用途は幅広く、雑多になっていたモノを整理できるので気持ちが良いです。

本が占めていた物理的なスペースを空けるため

本が占めていた物理的スペースの開放も大きな理由です。漫画や参考書など、種類はどうあれ本というのはどうしても場所を取ってしまいます。データ化すればそれも解消。タブレットの容量が許す範囲で何冊でも入れておけるので、無駄に場所を取ったりしません。部屋が広くなる、空いたスペースを活用できる、といったメリットが生まれます。

後、些細なことかもしれませんが、タブレットはライトがついて画面が明るいので、暗くなっても読むのにストレスがありません。夜中や日が暮れた車内で読んだりするので助かります。ちょっとした空き時間ができても暇つぶしに活用しています。

若干の悩みが…

自炊を始めたことで心境の変化が起こったのか、今では逆に本を買う機会が増えました。新刊・古本関係なく、「これは面白そうだ」「暇つぶしの時に読もう」と思ったら迷うことなく買ってしまいます。

いつでもどこでも手軽に読めるというのがアダになりましたね。自炊するスピードも追いつかず、おかげさまで、確保したスペースが徐々に戻りつつあります。

そして当然のことながら、本を買うために使うお金も増えました。う~ん、本を置くスペースが空くのに比例して、財布の中のお金を置くスペースも空いてくるのは、いかんともしがたいですね。

決して読書家というわけではありませんが、それだけ本に触れる時間が増えたというのは、むしろ喜ばしいことでもありますね。

スポンサーリンク
カテゴリー
猫のかわいい写真とセットで学べる人生で大切な教え
ScanSnap S1300iを使用した感想
コメントをする