Musible

ドラム・ツーバス練習法、音楽活動、音楽で収入を得るためのWEBサイトの活用法を解説

エックスサーバーのメールフォームの設置の仕方

私が使っているサーバーはエックスサーバーなんですが、サービスの追加を経て、無料でメールフォームを設置できるようになったので、これを機に設置してみることにしました。

スポンサーリンク

設置方法

サーバーパネルにログイン後、対象ドメインを変更します


【CGIツール】を選択


メールフォームの、【一覧・インストール】をクリック


【メールフォームのインストール】をクリック

  1. インストールURL
  2. ユーザーID
  3. パスワード
  4. 受信メールアドレス

を記入し、【メールフォームの作成(確認)】をクリック


内容を確認して、問題が無ければ【メールフォームの設置(確定)】をクリック
※ユーザーIDやパスワードは覚えるなり、メモするなりしておきましょう

フォームを設定・編集する場合は、【設定画面へログイン】をクリック

設定画面

  • 基本項目の設定
  • デザインの設定
  • 自動返信メールの設定
  • 設置用のHTMLタグ

上記4つの項目があり、それぞれ好きなように編集していきます。

基本項目の設定

基本設定

  • ページのタイトル
  • メールフォームの名前
  • サイトへの戻りURL
  • 受信するメールアドレス
  • 受信するメールの件名
  • メールの連続送信を制限する時間

あらかじめ入力されています。
変更したいところがあれば、修正しましょう。

メールフォーム項目の設定

表示する項目を選ぶことができます。お名前・問い合わせ内容など基本的な情報はもちろん、『予備項目』から、プルダウンメニュー・ラジオボタン・チェックボックスなどを選び設置することも可能です。
設置する項目を並べ替えることも可能で、矢印ボタンで自由に変えられます。簡単なので、好きなように編集しましょう。

デザインの設定

スキンの変更

メールフォームのスキンを選べます。
「定型スキン」は、あらかじめ外観が決まっていて、その中でサイズや色、メッセージを設定していきます。簡単に編集できるので、さっと作りたい場合は便利です。
「自作スキン」はHTML、CSSを編集することで、自分のサイトのデザインに合わせることができます。知識や技術がいりますが、カスタマイズ性が広く、自由にデザインできます。

サイズの設定

メールフォームのサイズを設定できます。

配色の設定

タイトルや見出し、説明文、背景などの色を細かく変えることができます。デフォルトのカラーから選ぶことができ、また直接指定することもできます。

メッセージの設定

フォームは入力画面、確認画面、完了画面というように、実際にメッセージを送信するまでに三段階の過程をふまえます。その各ページに表示されるメッセージを編集できます。
デフォルトで記入されたテキストでも十分ですし、変更しても構いません。

自動返信メールの設定

フォームから問い合わせをした人に対して、自動的に返信を送ることができます。良くある『お問い合わせをお受けしました』という自動返信メールですね。これをするかどうかを選ぶことができ、またその時のメッセージも自由に変更することができます。

設置用のHTMLタグ

メールフォームを設置したページへ誘導するためのリンクタグです。これをそのままコピペすれば、簡単にフォームページへのリンクを設置することができます。

サンプル画像

広告や著作権表記などがない

フリーで使えるメールフォームは、広告や提供サイトへのリンクといった著作権表記を付加する場合が多く、それによりサイトのデザインが崩れてしまうことがあります。私が良く使うフリーのメールフォームもページの一番下に自動的に付加されるので、少しデザインが崩れます。まあ、サイトにはメールフォームが必要なので、それも仕方ありませんでした。

しかし、エックスサーバーのフォームは広告や著作権表示などの余計なものは一切無いので、気兼ねなく使うことができます。簡単なモノならすぐできますし、自身のサイトのデザインに合わせてカスタマイズも可能なので大変便利です。

今までは使い慣れたモノがあったのでなかなか移行できませんでしたが、これを機に移行するのも良いですね。欲しい機能は十分満たしていますし、サーバー契約をしている以上、使える便利な機能は余す所なく使っていきたいものです。

スポンサーリンク
カテゴリーWEB制作・運営
サイドバー上部にアドセンスを配置して収益が上がるか検証した結果
2BMDが公開以来6年目に突入
コメントをする